利用規約

株式会社カラーオン(以下、「甲」という)は、甲が運営する「色彩eラーニングセンター」上で提供するオンライン学習サービス(以下、「当サービス」という)の申込み希望者および利用者(以下、「乙」という)が当サービスを使用することに関して以下の利用規約(以下、「当利用規約」という)を定めます。乙は、当利用規約および甲が別途定める個人情報保護方針(以下、「個人情報保護方針」という) http://www.color-on.co.jp/company/privacypolicy.html を予め熟読しなければなりません。なお甲は、乙が当サービスへの会員登録申込み(以下、「会員登録」という)を完了した時点をもって当利用規約のすべての条項に同意したものとみなします。

 

 

第1条(当利用規約の範囲)

 

当利用規約の範囲は、当サービスのウェブページ(以下、「当ウェブ」という)に加え、

甲が提供するアプリケーションおよび電子メール等を介して甲が乙に対して発信する情報も含みます。

 

 

第2条(会員登録)

 

・1項

乙は、甲が定める手段にて会員登録申込みを行うものとします。なお、乙は会員登録にあたり、下記の事項を確認し、同意しなければなりません。

1.  甲が推奨するOSを搭載した端末を用意すること。

2.  甲が推奨する種類・バージョンのウェブブラウザをインストールすること。

3.  甲が推奨する通信環境を用意すること。

4.  甲が提供するレッスンの利用料金を当利用規約第5条に定める決済方法により支払うこと。

5.  当サービスの品質管理およびトラブル防止のため、甲が乙のログイン履歴やログイン時に使用していた端末等の記録、学習内容等必要な情報を記録することがあること。

6.  甲が乙に対し、電子メールを配信・通知すること。乙は甲より配信・通知された電子メールを受け取ることができる電子メールアドレスを準備するものとします。

7.  カスタマーサポートによる応対の品質向上等のため、乙の問い合わせ内容等を記録、録音、保管できること。

8.  当サービスに関する電子メールや当ウェブ・アプリケーション等による通知、広告、アンケート等を実施することができること。

 

・2項

会員登録は、甲より通知された電子メールに記載されたURLを、甲の推奨するバージョンのブラウザで開くことで完了するものとします。別途甲乙の間にて取り決めのある場合はこの限りではありません。

 

・3項

乙が下記に定める事由に該当する場合、甲は、会員登録を拒否することができ、また、登録がすでに完了した場合でも、当該会員登録を取消すことができます。

1.  登録の際、虚偽、誤記または記入漏れをした場合。

2.  過去に当利用規約に違反したことがある場合。

3.  乙が第三者のクレジットカードを不正使用した場合、または指定したクレジットカードが存在しないか利用停止中である場合。

4.  乙が過去に利用料金などの代金の支払いを怠っていた場合。

5.  甲の推奨する、受講端末やブラウザ環境、回線速度等を満たしていない場合。

6.  乙が未成年、成年被後見人、被保佐人、被補助人の何れかであり、登録の際に親権者等、法定代理人の同意を得ていない場合。

7.  複数の利用者が同一のアカウントを使用し当サービスを利用していることが明らかな場合。あるいは複数のアカウントを一人のユーザーが利用していることが明らかな場合。

8.  その他、当サービスの利用者として不適当であると甲が判断する場合。

 

・4項

乙は会員登録および契約申込み手続き(以下、「契約手続き」という)完了後、当利用規約第5条に定める利用料金の支払いが甲により確認され、甲により受講開始を承認された日(以下、「受講開始日」という)から講座の受講を開始できるものとします。ただし、別途甲乙の間にて取り決めのある場合はこの限りではありません。

 

・5項

乙が当サービスの登録に使用したメールアドレス、パスワード等ログインまたは当サービスの利用に必要な情報(以下、「パスワード等」という)は、乙が厳重に管理しなければなりません。甲は、ログイン時に入力されたパスワード等と登録されたものとの一致をもって当サービスの利用が乙本人によるものであるとみなすことができます。

 

・6項

乙は、パスワード等を第三者に使用させてはなりません。また、第三者への譲渡・貸与等は一切禁止します。

 

・7項

乙は、パスワード等を失念した場合または第三者に不正に使用されている疑いがある場合、甲に対して、速やかに連絡を行い、指示等に従わなければなりません。なお、乙は、同連絡を遅滞したことにより生じるすべての損害等を賠償する義務を負うものとします。

 

・8項

乙はセキュリティ上の観点から、他のウェブサイトやサービスで使用しているものとは異なる独自のパスワード等を当サービスで設定、使用するものとします。

 

・9項

乙が当サービスを最後に契約いただいた日(契約をしていない場合は会員登録日)以降、一定期間ログインをされていない場合には、予め特段の申し出がない限り、甲は乙のアカウントおよび登録情報を抹消できるものとします。

 

・10項

甲は現在、General Data Protection Regulationへの対応準備中であるため、EU在住者は、本サービスを利用することはできません。Users living in EU may not use this service because we are not ready for General Data Protection Regulation.

 

 

第3条(登録情報の変更)

 

乙は、氏名、住所、メールアドレス、クレジットカードなどの登録情報に変更の必要性が生じた場合、甲が定める方法によって遅滞なく登録情報の変更手続きをするものとします。なお、甲は、乙が同変更手続きを遅滞したことにより損害等を被った場合でも、同損害に対して一切責任を負わないものとします。

 

 

第4条(受講期間)

・1項

当サービスの受講期間は、各講座・ご契約プランに規定されている期間とします。講座の受講開始日は申込講座の決済方法により異なります。

 

・2項

受講の有無や理由の如何にかかわらず受講期間は中断されないものとし、受講期間満了により当サービスの提供は終了します。また、乙は如何なる理由でも受講期間の延長はされないことに予め同意するものとします。ただし、甲乙の間にて取り決めのある場合は、この限りではありません。

 

・3項

自動継続プランの受講期間は、該当期間の利用料金を支払うことにより更新することができます。なお、同支払方法は第5条2項に定める方法にて行われるものとします。

 

・4項

乙が毎月1日に契約手続きを完了した場合、受講期間の終了日は講座ごとに設けられた受講月数後の翌月初日の1日前に設定されるものとします。自動継続プランの場合、翌利用月以降も同様に受講期間が設定されるものとします。

(例:4月1日が受講開始日に開始される1ヶ月契約のプランの場合、受講期間終了日は4月30日となります。)

 

・5項

乙が月の末日に契約手続きを完了した場合、受講期間の終了日は講座ごとに設けられた受講月数後の翌月同日の1日前に設定されるものとします。自動継続プランの場合、翌利用月以降も同様に受講期間が設定されるものとします。但し、29日~31日(閏年の場合は30日~31日)の間に手続きが完了した契約が、2月に終了する場合に限り受講期間の終了日は2月末日となります。

(例1:一ヶ月間の契約で6月30日に契約手続きが完了した場合、受講期間終了日は7月29日となります)

(例2:三か月間の契約で11月30日に契約手続きが完了した場合、受講期間終了日は2月28日〈閏年は2月29日〉となります)

 

・6項

学習履歴は該当講座の教材を利用した後ご覧いただけますが、学習履歴の閲覧可能期間は該当講座の販売が終了してから1年後までとします。 レポート形式講座において、学習履歴はありません。

(例:10月15日に販売が終了した講座の学習履歴は翌年の10月16日以降閲覧することができません)

 

 

 

第5条(契約・支払い)

・1項

乙は、甲に対して、当サービスの利用料金を次項以下の方法にて支払うものとします。なお利用料金は講座により異なり、当サービス各講座の所定ページに記載いたします。利用料金はキャンペーン等により割引料金が適用される場合や利用料金が変更・改定される場合がありますが、乙により申込みが完了した時点の利用料金が適用されます。

 

・2項(自動継続プラン)

【支払い方法】Paypal決済

1.  乙が自動継続プランを契約するためにはPaypal口座が必要です。

2.  初回支払いについてはお申込み手続き時に決済がされることに乙は予め同意するものとします。決済完了後、一定時間ののち講座コンテンツを利用できるものとします。

3.  乙は自動継続プランを利用する際、受講期間中に当利用規約第9条に定める継続停止の手続きを完了しない限り、利用期間が自動で更新されることに同意するものとします。

4.  翌利用期間以降の利用料金は、翌利用期間の開始日時後24時間以内に自動決済するものとしますが、自動決済が完了するまで一時的に学習コンテンツはご利用いただけません。

5.  法人契約など、別途甲乙の間にて取り決めのある場合、乙は甲の指定する方法にて利用料金を支払うものとします。

 

・3項(自動継続プラン以外のご契約プラン)

【支払い方法】Paypal決済、銀行振込

1.  乙が自動継続プラン以外のプランを契約するためには、申込み手続き後Paypal決済または銀行振込にてお支払いが必要です。

2.  Paypal決済の場合は、決済完了後すぐに講座コンテンツを利用できるものとします。

3.  銀行振込の場合は、乙が、甲が指定する銀行口座へ振込を行った後、甲に「振込報告」の連絡を行い、甲が、振込が完了されていることを確認した後、2営業日以内に講座コンテンツを利用できるものとする。

4.  法人契約など、別途甲乙の間にて取り決めのある場合、乙は甲の指定する方法にて利用料金を支払うものとします。

 

・4項

甲は当ウェブ上での掲示、または電子メール等での通知を事前に行った上でいつでも利用料金の変更や新しいプランを設定できるものとします。

 

・5項

乙は、利用料金に係る消費税その他、付加される税を支払うものとします。

 

・6項

甲は、乙から契約手続きの完了後※に申込みプランの受講解約の申し出があった場合、利用料金の返金を一切行わないものとします。

※)乙が希望講座の申込み手続きを完了し、甲から受講開始に伴う通知を当ウェブや電子メール等にて配信した時点をもって、契約手続きの完了とします。別途甲乙の間にて取り決めのある場合はこの限りではありません。

 

・7項

自動継続プランにおいて、翌利用開始日時の24時間以内に継続課金の決済が完了しない場合、乙は甲が翌期間の利用停止を行うことに同意するものとする。

 

 

第6条(システムの利用と受講推奨環境について)

・1項

当サービスは、HTML5に準拠する技術もしくは専用のアプリケーションを利用して提供されます。乙は、その利用に際し、下記の内容について同意しなければなりません。

1.  2項に記載する推奨OS・ブラウザ最新安定版を受講開始前にダウンロード、インストールし機能等について確認すること。

2.  受講推奨環境の準備(ダウンロード、インストール、設定、使用等)について、すべて自己の責任において行うこと。

3.  受講開始後に発生した推奨OS・ブラウザ、その他アプリケーション等に起因する不具合や問題について、甲が一切の責任を負わないこと。

4.  推奨OS・ブラウザやHTMLによって定義されたサービス・機能に関する相談、問い合わせ等について、甲が一切対応する義務を負わないこと。

 

・2項

当サービスの利用にあたり乙は甲の指定する推奨環境を準拠するものとします。甲の定める推奨環境外で当サービスを利用した場合、いかなる場合においても補償を行わないものとします。乙は甲の指定する推奨環境を下記から参照することとします。

 

受講推奨環境

-------------------------------------------------------------------------------------------------

【パソコン(Windows)】

推奨OS:Windows10

対応OS:-

推奨ブラウザ:Chrome最新版、Edge最新版、Firefox最新版

対応ブラウザ:IE11(windows10の場合のみ対応)

※非対応ブラウザ:IE10、Opera、その他

 

【パソコン(Macintosh)】

推奨OS:macOS 10.15 Catalina

対応OS:macOS 10.13 High Sierra以降

推奨ブラウザ:Chrome最新版、Edge最新版、Firefox最新版

対応ブラウザ:-

※非対応ブラウザ:Opera、その他

 

【iPhone】

推奨OS:iOS12~

対応OS:iOS10~

推奨ブラウザ:Safari最新版

対応ブラウザ:Chrome最新版

※非対応ブラウザ:Opera、FireFox、Edge、その他

 

【iPad】

推奨OS:iOS12~、iPadOS13

対応OS:iOS10~

推奨ブラウザ:Safari最新版

対応ブラウザ:-

※非対応ブラウザ:Opera、FireFox、Edge、Chromeその他

 

【SmartPhone・Tablet】

推奨OS:Android 8.0~

対応OS:Android 5.0~

推奨ブラウザ:Chrome最新版

対応ブラウザ:-

※非対応ブラウザ: FireFox、Edge、その他

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 

・3項

乙の利用する端末にインストールされている他のアプリケーションや、プラグイン等に起因する問題で受講システムの利用に支障が出た場合、甲は問い合わせ対応や補償等一切の義務を負わないものとします。

 

 

第7条(禁止事項)

・1項

乙は、当サービスの利用に際して、以下に定める行為を行ってはなりません。

1.  当サービスを利用する権利を第三者に譲渡、貸与、売買、名義変更、質権の設定、担保に供する行為。

2.  パスワード等を第三者に譲渡、貸与等する行為または第三者に使用させる行為。

3.  甲の名誉、信用、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、講師のプライバシーや肖像権を侵害する行為。

4.  違法行為、公序良俗に反する行為。

5.  甲のサーバーに無権限・無許可でアクセスし、その利用もしくは運営に支障をきたす行為。

6.  当サービスの運用を妨げる一切の行為。

7.  当サービスを営業行為、営利目的およびその準備に利用する行為。

8.  当サービスの他の利用者・講師に違法行為を勧誘または助長する行為。

9.  当サービスの他の利用者・講師が経済的・精神的損害、その他不利益を被る行為。

10.  犯罪行為および犯罪行為に結びつく行為。

11.  甲の一般的に開示していない機密情報を詮索する行為。

12.  講師に甲の競合たりうるサービス・企業での勤務を勧誘する行為。

13.  甲のカスタマーサポートスタッフへの暴言・脅迫行為、またはカスタマーサポート業務の進行を妨げる行為。

14.  一つのアカウントを複数のユーザーで利用する行為。

15.  一人のユーザーが複数のアカウントを登録する行為。

16.  運転中や歩行中に当サービスを利用する行為。

17.  その他、甲が不適当と判断する行為。

 

・2項

乙は、前項に違反する行為に起因して甲または第三者に損害が生じた場合、当サービスの継続停止・退会後であっても、すべての法的責任を負うものとします。

 

 

第8条(禁止行為への対応)


・1項

甲は、乙が下記のいずれかに該当した場合、乙へ事前の通知をすることなしに、当サービスの利用停止、会員登録の抹消(退会処分)、レビューの削除等、甲が適当と判断する措置を講ずることができるものとします。

1.  乙が第7条に定める禁止行為を行った場合。

2.  乙が当利用規約の各規定に違反した場合。

3.  乙が利用料金の支払を遅滞または怠った場合。

4.  乙が当サービスの利用に際し、甲からの重大な指示等に従わなかった場合。

5.  その他の事由で甲が乙による当サービスの利用を不適切と判断した場合。


・2項

乙が前項に基づき甲から処分を受けた場合、甲は、乙に対して、乙がすでに支払った利用料金の返金を一切行わないものとします。

 

 

第9条(自動継続プランの継続停止)


・1項

継続停止とは、乙が自動継続プランの利用を停止(受講契約を解除)することをいいます。


2項

乙は、甲が定める方法により継続停止の手続きを行うものとします。なお、Paypalアカウントにてお支払いのキャンセル手続きが完了した時点で継続停止手続きの完了とします。

 

・3項

乙が継続停止手続きを行う際は、翌利用開始日時の24時間前までに行わなければなりません。同期限内に継続手続きが完了されない場合は、翌々利用期間からの継続停止となります。

(例:受講期間が4月15日9時00分~5月15日8時59分の場合、5月15日9時00分~6月14日8時59分の継続停止を行いたい場合は5月14日8時59分までに継続停止手続きを完了する必要があります。)

別途甲乙の間にて取り決めのある場合はこの限りではありません。

 

・4項

継続停止後も登録情報は消失しないものとし、当サービスの利用再開を希望する場合、乙は、甲が定める方法により利用再開手続きを行うものとします。

 

・5項

退会とは、乙が恒久的に当サービスの利用を停止することをいいます。

 

・6項

乙が退会手続きを完了すると登録情報は消失し、ログインや学習履歴の閲覧は不可となります。

 

 

第10条(電子メールによる通知)


・1項

甲は、当サービスに関する重要な情報を送信する場合、電子メールの送信ができるものとします。なお、当利用規約の変更に関する取り扱いは、当利用規約第17条に定めるとおりとします。

 

・2項

電子メールによって行われる通知は、乙の登録情報に記載された電子メールアドレス

(以下、「指定メールアドレス」という)宛への発信をもって完了したものとみなします。

 

・3項

乙は、指定メールアドレスに関する各種設定等を変更し、甲(ドメイン名:el.color-on.co.jp)からの電子メールの受信を許可しなければなりません。

 

・4項

甲は、指定メールアドレスに不備、誤記があったことまたは乙が受信設定の変更を怠ったことに起因して甲からの電子メールが乙の元に届かなかった場合、同不到達に対して、一切責任を負わないものとします。

 

・5項

甲は、乙に対して電子メールによる広告やアンケート、受講促進等を行うことができるものとします。

 

 

第11条(登録情報の取り扱い)


・1項

甲は、乙の登録情報を当サービスの提供、当サービスに関連するご案内を目的として使用するものとします。

 

・2項

甲は、乙の登録情報を乙の事前の承諾なく第三者に開示しないものとします。ただし、以下に該当する場合は、この限りではありません。

1.  法令等に基づき開示を求められた場合。

2.  公的機関より開示を求められた場合。

3.  乙の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、乙の同意を得ることが困難である場合。

4.  当サービスの提供の目的で当サービスの一部を委託する第三者に提供する場合

 

・3項

甲は、乙の登録情報のうち、「個人情報」に該当する情報について、個人情報保護方針(http://www.color-on.co.jp/company/privacypolicy.html)に則り取り扱うものとします。

 

 

第12条(サービスの中断・終了)


・1項

甲は、事前に当ウェブ上での掲示または乙への電子メールの送信により通知をすることで当サービスを中断または終了できるものとします。

 

・2項

甲は、HTMLやアプリケーションの障害、国内外の政治情勢、台風や地震・豪雨・落雷などの自然災害、疫病、火事や暴動・紛争などの人為的災害、停電などの影響や提供するサーバー等の障害、またはその他やむを得ない事由により当サービスの提供が困難な場合、予告なしに当サービスを中断することができるものとします。

 

・3項

当サービスの中断・終了を行った場合、乙は本講座を受講できなくなったり、本講座の受講に関する情報の全部または一部を失ったりする可能性があります。

 

・4項

甲は、当サービスの提供の停止または中断により、利用者または第三者が被ったいかなる不利益または損害について、理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

 

 

第13条(損害賠償)


・1項

甲は、乙が当利用規約に違反した場合、乙に対して、同違反行為により生じた損害の賠償を請求できるものとします。

 

・2項

当サービスの不備や瑕疵に基づく乙の甲に対する損害賠償の限度額は、甲に故意または重過失がある場合を除き当該損害が発生したときに契約していた講座で乙が支払った利用料金を上限とします。

 

 

第14条(著作権等の知的財産権)


・1項

甲が乙に提供する講座に関する著作権、その他知的財産権は、甲または権利者に帰属します。また、当サービスに関する商標、ロゴマーク、記載等についての著作権、その他知的財産権については全て甲に帰属します。

 

・2項

当サービスの学習コンテンツは、乙自身が学習する目的以外に使用および複製することはできません。また、甲の指定する方法でのみ利用が可能なものとします。

 

・3項

コンテンツの複製物や講座の利用権を第三者に販売(オークションへの出品含む)、贈与および貸与(有償・無償を問いません)することは、方法・理由の如何を問わず一切できません。

 

・4項

甲は、乙が本条各項に違反した場合、乙に対して法的措置(警告、刑事告訴、損害賠償請求、使用差止請求、名誉回復措置等を含むがこれらに限定されません)を取ることができるものとします。

 

 

第15条(免責事項)

 

乙は、下記の各条項に定める事項について、甲がいかなる補償も行わないことに予め同意します。

1.  甲は、当サービスが乙の特定の目的に適合すること、期待する商品価値・正確性・有用性を有すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

2.  当サービスの利用に際し、満足な利用ができなかった場合(以下の状況を含みますが、これらに限定されません)

  急激な受講者数の増加による、一時的にコンテンツへの接続が不安定になったことに起因する場合。

  乙が受講を希望する時間帯に甲がシステムの保守を定期的、または緊急で行った場合。

  乙のメッセージやデータへの不正アクセスや不正な改変、その他第三者による行為に起因する場合。

3.  HTMLやGoogle Chrome、Safari等のウェブブラウザ、または甲の提携先企業が提供するサービスやアプリケーションの不具合、トラブル等により当サービスが利用できなかった場合や損害が発生した場合。

4.  乙の自己責任で受信した、または、開いたファイル等が原因となりウィルス感染などの損害が発生した場合。

5.  乙の過失によるパスワード等の紛失または使用不能により当サービスが利用できなかった場合。

6.  当ウェブで提供するすべての情報、リンク先等の完全性、正確性、最新性、安全性等に起因する損害が発生した場合。

7.  当ウェブから、または当ウェブへリンクしている甲以外の第三者が運営するウェブサイトの内容やその利用等に起因する損害が発生した場合。

8.  決済方法に伴うトラブルや不具合に起因する損害が発生した場合。

9.  その他甲の責任によらない事由で当サービスの提供が困難な場合。

 

 

第16条(当サービスの日時表示)

 

当サービスおよび当利用規約の表記上において、会員登録日、受講開始日、利用月の開始日、各種利用料金支払の期日、各種申請等の締切日等の日時は、全て日本時間(GMT+9:00)によるものとします。

 

 

第17条(当利用規約の変更)

 

・1項

甲は、当利用規約を変更することができるものとします。当利用規約を変更した場合には、乙に当利用規約の変更内容を当ウェブもしくは電子メールにて通知するものとし、当該変更内容の通知後、乙が当利用規約第9条に定める継続停止の手続きをせず当サービスを継続利用した場合、乙は変更後の利用規約に同意したものとみなします。

 

・2項

強行法規の改正等により、当利用規約の一部が同法規に抵触する場合には、当該部分を同法規の定めに従い変更したものとします。

 

 

第18条(準拠法および専属的合意管轄裁判所)

 

・1項

当利用規約は、日本国法に準拠して解釈されるものとします。また、当サービスに関連して、甲と乙との間で紛争が生じた場合または当利用規約に定めのない事項について紛議等が生じた場合には、甲乙がともに誠意をもって協議するものとします。

 

・2項

前項による協議をしても解決しない場合、訴額に応じて甲の本店所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

 

 

付則 当利用規約は2020年9月8日より実施するものとします。